【残り2名】ブレイクスルー講座 ※モニター価格は15日申込分まで

 【ライトワーカーはなぜ苦労ばかりしているのか】”生きているだけで学んでる” 

【募集中】

12月19日木曜日 13時から本当の自分に出会えるお茶会
http://www.itsumoegaode-love.com/ca4/15/p-r4-s/



アメブロの整理をするために過去記事を見直して

こんな記事が下書きのままになっていたのを発見

 

 

自分の人生思い返しながら 記事を最近書いていますが

この間のイベントの時にルドルマンカードでこれからの事を見て頂きました。

わたしは自分の学んだことを他者の為に公開して伝えることをしていきなさいと

それを仕事にすれば成功すると言われました。

自分がやろうとしていること 今していることが天職だったんだとまたまた言われてしまいました。

 

わたしは天と人を繋ぐ使命を持っているそうで

これを生業とすればそれをお金に変えることを天命として持っているので

生活にも困らないと以前にも言われました。

 

2度も言われてしまった

 

これを聞いた日に

早速 魂友ちゃんにお礼のline

「あの時背中教えてくれなかったら今頃一所懸命勉強してたよ

7月医療事務の試験に向けて・・・・」って

あらぬ方向に一生懸命になろうとしていた私てへぺろ

 

これもお金のブロックと自己犠牲というエゴがそういう風に思考を歪めてしまっていたんですね。

 

でも、大丈夫です

本当に天が貴女を必要としているなら

魂友へと導いてくれます。

その魂友が貴女を使命へと導いてくれます。

 

魂友が現われたら使命がそばにあることを意識してください。

 

その使命は一人一人違います。

でも、どの使命だとしても人を導くことが目的です。

 

人の悲しみ、苦しみに寄り添うためその想いを感じる必要があります。

そして、その悲しみを想像で感じるよりもより、親身に感じることが出来る方がいい。

だから、

ライトワーカーは人よりも

苦労している人が多いのはそのせいなんです。

苦労して辛い思いをした分だけ人の気持ちがわかるために

いろんなことを経験して学ぶために

苦労すること選んで生まれてきたんです。

 

それがわからなかったから

なぜこんなにわたしは苦労ばかりすんだろう

わたしもそんな風に思っていました。

 

でも、昨日も妹と話していたんですけど

「今考えると、屁の河童やな」って笑いながら話していました。

「あのころは世界で一番不幸やって思ってたけどな」

って。

 

赦すことが出来ているからこうやって笑えるのですが

貴女も必ず 笑える日が来ます。

 

そして、 その苦しみから学んだことで人を救う事が出来るんです。

 

それがライトワーカーなんです。

 

それが家族単位であるのか もう少し大きい範囲であるのかの違いだけで

全ての人は光を心の中に持ち、人へ分け与えることが出来るんです。

 

自分がライトワーカーなのだと思うだけで心が強くなりませんか?

今の苦しみ、悲しみが人の為に役立つのだと思うと心の糧になりませんか?

 

ライトワーカーへと目覚めてください

そして、光を他者へと広げてください

同じ苦しみの中にある人へと分け与えてください

 

自分の使命に気付いてください

 

こちらも合わせて読んでみてくださいね

光を拡げるためにわたしが出来る事

 

何度も言います

自分の使命に気付いてください

 

使命に気付き

魂友たちと共に歩くワクワクの生き方を選んでください

 

コメント 感想など気軽に書いてね

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >Ambhoさん
    人生の山のガイドさんなんですね。
    「そのために生まれてきた」に
    気付けて生きていけるって本当に幸せな事だと感じます。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >エンジュさん
    そんなことがあったのですね。
    やっぱり、体験した人にしか分からないってこと
    ありますよね。
    そして、分かってもらえると嬉しいですよね。
    山のガイド、なぜかそんな気持ちがいつの間にか芽生えて来たのでした。
    そして、今生はそのために生まれて来たと感じています。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >Ambhoさん
    山のガイドさんのお話わかりやすいですね。
    この世界に入るきっかけとなった出来事を自分が相談した時に自分は経験したことがない人に想像だけでさもそれが正しいかのように言われたことにとても違和感を感じたことで気が付きました。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    その通りですね。
    自ら体験を通して得たものでなければ、人のサポートはできませんよね。
    何度も山に登っては降りを繰り返し、山を隅から隅まで知ってこそ、頼りになる山のガイドになれるものですよね。