【ライトワーカー養成】AngelLightセラピー講座 7月~9月生募集中

わたしが宗教を敬遠するわけ

この記事は約3分で読めます。

わたしだけでなく、ヒーラーの皆さんやチャネリングなどされておられる皆さんは

神様や天使たち 妖精 様々なスピリットを心から愛しておられると思います。

 

でも、宗教はお断りしていますって方がほとんどだと思います。

 

それぞれ理由は違うかもしれませんが(多分同じと思いますが)

宗教で言うところの神様とわたしたちが信じ愛している神様があまりにも違うからです。

 

色んな本に書かれている神様は聖書や宗教書を参考に書かれています。

自分で直接神様や天使から聞いて書かれたものはベストセラー書にはないと思います。

 

わたしも昔は漫画や映画そんなものから得た情報で

神様 = 宗教の元締め

 

みたいに思っていました。

 

なぜ宗教では神を恐怖の対象のように描くのか

人は恐怖で支配するのが一番手っ取り早いから。

 

そして、それに遣える自分たちもその恩恵にあやかれるから。

 

恐れで支配されているから 本当の神様に触れることができなくなってしまって

人の手によって作られた神様を信じてしまう。

 

負の感情は災いを引き寄せる

 

引き寄せの法則です。

ポジティブでいれば、いいことが集まってくるのと同じこと。

だから、恐怖の教によって集められた負の感情によって災いが引き起こされる。

もしくは 神の名の元にと言いながら戦争を起こす・・・・・悲しいことです。
 

でも、ちゃんと本当の神様に触れておられる素晴らしい神父様や宗教家の方ももちろん

たくさんいらっしゃいます。

なのに、なぜ、自分の心で感じず、負の一面だけに囚われ支配されてしまうのでしょうか。

 

何かのせいにしたり すがったりするのはわかります。

でも、すべての答えは自分の中にあるのです。

でも、そんな心を利用するのが宗教です。

宗教でよくあるのが、その災は信心が足りないから 寄付が足りないから神様が怒ってる

とかって言いますよね。本当に腹が立ちます。

 

そんなところに原因なんてないんです。

自分の中にしか原因はない。もしくは魂によって引き継がれたもの・・・

でも、どんな時も外に原因を見つけに行かず まず自分の中に原因を持ってくることで

魂は成長します。引き継がれたものも精算できます

自分の中に原因を見つけるのは辛く苦しいことです。

 

でも、

ちゃんと神様は神様自身の分身をわたしたちの中に持たせてくれているのです。

自分の中で昇華できるように心の中に神様を持たせてくれているんです。

ハイヤーセルフ 良心と言えばわかりやすいでしょうか。
 

天界まで会いに行かなくてもいいように自分の心の中に神様の分身がちゃんといるんです。

どんな人も光を宿して生まれてきています。

 

自分の中の光を意識してみてください。

温かくないですか?優しい気持ちになりませんか?

 

その感覚が神様の感覚なんです。

この感覚を知っているから 本に書かれていることを信じることはありません。

だから、 わたしは宗教はいらないんです。

信じることもありません。

 

一度恐怖の念や嫌悪の念を持ってしまうと難しいかもしれませんが

ご自分の心で神様の無条件の愛に触れて欲しいとわたしは願います。

 

 

 

 

 

コメント

  1. エンジュ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >るいさん
    色々とお勉強されてるだけあって
    さすがです。
    いいお勉強になりました。
    ただ、
    今後プロとしてやっていく者としてはっきりと言わせて頂きます。
    わたしは正しく神様を認識しております。
    それでは これにて最後とさせて頂きます。
    色々とお勉強させて頂きありがとうございました。

  2. るい より:

    SECRET: 0
    PASS:
    エンジュさん、お返事ありがとうございます(^-^)
    >なぜ 信じもしない存在が気になるのかわかりません…
    >普通、自分に関係のない会社の社長が暴君であろうと犯罪を犯していようと気にもならないと思うのですが…不思議です。(◞‸◟;)
    これが私に対してのことであれば、
    同じ神と言う表現を使っているからです(笑)
    それもただの神ではなく、唯一神とまで名乗っているのですから、あまりにも分不相応の表現だと思いますが、如何でしょうかね(^q^)
    先にアダムとイブの話でもふれたように、エンジュさんのように正しい神の判別もつかないような一般の人に、それを名乗るのはあまりにも大罪だと言っているのです。
    貴女もこれからはプロになられるのですから、型通りの正論を唱えるのから一歩踏み込んで、相手が消化し易い答えを期待します(^-^)
    その点では、フェリシアさんには感銘を受けました(*^^*)

  3. エンジュ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >るいさん
    残念ながら、聖典が改められる事はないと思います。神様が造らせたものではなく、人が作った物だから。
    なぜ 信じもしない存在が気になるのかわかりません… 普通、自分に関係のない会社の社長が暴君であろうと犯罪を犯していようと気にもならないと思うのですが…不思議です。(◞‸◟;)

  4. るい より:

    SECRET: 0
    PASS:
    記事を拝見しました(^-^)
    >この感覚を知っているから 本に書かれていることを信じることはありません。
    だから、 わたしは宗教はいらないんです。
    >信じることもありません。
    私も内なる存在を信じていますし、私の場合はそれを仏性だと思っています。
    それが単なる呼び方の違いと言う感覚はありますが、世界で一番影響力が大きい(信者の多いと思われる)宗教の聖典では、それを一向に改めようとしないばかりか、問題視すらしない点に反発心と信ずるに値しない宗教だと言う判定を下しています(^q^)
    エンジュさんから見た唯一神の評価を、機会があれば聴いてみたいものですね(笑)
    ※そしてそんな受け止め方をする私なので、当然のことながら唯一神なんて、ツッコミ所だらけの信ずるに値しないお登りさんです(苦笑)

  5. エンジュ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >おさくんさん
    わたしもお腹というか鳩尾辺りに
    暖かい光を感じます。
    一人一人が自分の中の光を大きく明るくすれば 世界全部が明るくなるんでしょうね。

  6. おさくん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    皆様は 右胸に宿っていると言われますが …
    私は腹です
    白い着物をはおっています
    宗教が一番遅れると ありますが その通りだと思っています
    宗教があるなら
    宗教は生活 生活は宗教でしょうね