【ライトワーカー養成】AngelLightセラピー講座 7月~9月生募集中

審神者はやめました【脱・過保護】

この記事は約3分で読めます。

審神者(さにわ)
何?って感じですよね

巫女が降ろした言葉が神様からのものなのかを判断する人のことなんです

わたしも初めてメッセージを受け取った時は言葉すら知らないし
ネットで調べましたよ

でもね、こういう時ってちゃんとメッセージを受け取っているんだなって確認できて嬉しくなります。

だって、自分のボキャブラリーの中にない言葉が浮かぶんだもん

どうも前世で審神者をしていました
講座を始めてからはその部分が強く出てくるようになって
いつもどこか冷静な自分がいるようになりました

前はもっと感受性豊かで感じたままを表現していたのですが
どこかで冷めているわたしがいる

この人はどこと繋がっているんだろうか大丈夫なんだろうかって
判断を無意識のうちにしているって感じです

本来のシャーマンな部分よりも前に出て頑張ってしまっていた審神者な部分

100%楽しめないというなんかつまんない状況に気がついたんです

どこまで過保護なんだ…
どんだけ人の世話焼くんだ…って話です
大きなお世話でしかない

よく考えたら どこと繋がっていようがその人の学びなんですよね

過保護をするってその人の学びを奪うことにもなりかねない
低次の存在と繋がって、傲って違う道に行ったとしてもそれはその人の学び

それもちゃんとゴールへ辿り着くために用意された道かもしれない

だから、過保護はやめますって決めたんです

最後のわたしの過保護であった、どこと繋がっているのかなと
心配するのももうやめました

だって、愛じゃないもん

過保護は愛じゃない

コケると痛い思いをする、どうすればコケないで歩けるのかを学ばせるのが本当の愛情
でないと、どこまでやればコケるのかがわからないから
周りでそれ以上は危ないと注意してもわからない

結局はコケて痛い思いするまで同じことを繰り返す…

だから、最後の過保護もやめよって思った

なので先月末かな 審神者だった前世のわたしとお話して、
判断するのはわたしのためだけでいいからってことで折り合いをつけました(笑)

 

今年の皆さんへのテーマは「自分に自信をもつ」だけど

過信と傲りだけには気をつけてくださいね
低次の存在のカッコウのエサですからヾ(。>﹏<。)ノ゙

わたしの師はハイヤーセルフ 内なる神です
もちろん神様もそうだし、ティーチャーガイドとしてそばいてくれている存在

それを超えることはない
ずっと生徒なんです

人に照準を置くと焦りが出てリ、傲りが出てリしますからね
だから、わたしの師はハイヤーセルフと神様たちです

もちろん 尊敬する魂友はいます
彼女たちがいるから頑張れるし、迷うことはない

魂友は底上げしてくれても足は引っ張らない
褒めてもくれるし、道も照らしてくれる
だけど、傲れば叱ってくれる。叱られてたことはありませんけどね(*^^*)
むしろもっと自信を持てとは言われますけど(笑)

それが本当の魂友です

自分が傲らないように監視してくれる人が本当の友達です

 

楽しい、嬉しいを共感できる存在
人だから時に愚痴をこぼしたりもする
でも、それは悪口にはならない 
だってネガティブなエネルギーを打ち消してくれるから
そんな存在を見つけてくださいね

ああ~
こうしてわたしはどんどん軽くなっていく(*˘︶˘*).。.:*♡

コメント

  1. るい より:

    審神者って言葉、久しぶりに聴きました。

    >わたしも初めてメッセージを受け取った時は言葉すら知らないし
    ⇒ネットで調べましたよ

    私も誰かを通して初めて聴く言葉とか知った言葉が割とありますね。

    先日の大学の先生からは、道教と言う言葉を教えて貰いました。

    >でもね、こういう時ってちゃんとメッセージを受け取っているんだなって確認できて嬉しくなります。
    ☆だって、自分のボキャブラリーの中にない言葉が浮かぶんだもん

    いわゆる言葉やメッセージが降りて来ると言うやつですかね(^.^)

    心の状態が清浄な人ほど、真っ直ぐな正しいメッセージを受け取り易いように思います^ ^

    • エンジュ より:

      そうなんです
      メッセージが降りてくるってやつです
      だから、知らない言葉だし???でした(^_^;)

      「道教」もるいさんにとって必要な言葉になると思います

      追記:
      なにか前世に関わることかなって書き終わった後にふと思いました
      調べてみると知らないはずなのに知ってることみつかるかも