本当の自分に戻るための ブレイクスルーセラピー

エゴの境界線

こんにちは

一昨日KinKi Kidsの番組でやってたマッサージチェア
やっぱり欲しいって思った

63万円 シャーモデル(笑)
新しいプログラムがアップデートされるので
常に新しい揉み方をしてもらうことが出来る
きっと前にヤマダで体験したやつだと思う

本当にすごかったの
みんながこれを買ったら街の整体屋さんは廃業すると思うくらい

骨盤のズレも治ったもん
おお!!わたしの全身調整も廃業だ(泣)

でも、これがあれば疲れを翌日に持ち越すことなんて
なくなるよって思った

本当すごいよね人の技術って

 

だから欲しい

で、100キロも重さがあるからこれがおける部屋

これだけは叶えたいって思った

 

という流れで

今日はエゴのお話です

 

本当エゴとどう付き合うのか
向き合うのか

去年一年でだいぶ学びました(^_^;)

そして、いかにらしく生きるということが大切なのかも

 

わたしにとって集客とかお金のこととか考えながら活動するのは
ただただ しんどいものでした

やればやるほどだめになるみたいなね

昨日寝る前に
耳鳴りが聞こえて
「エゴがあるから人は進化することが出来た
今の世の中があるのもみなエゴのおかげ
エゴがなければ人は何も得ることが出来ない」

って

その通りなんです

 

肉体を持つこの地球に置いて
エゴがなければ生きていくことが出来ない

命を永らえる必要があるから

 

単純に食べなくちゃいけないしね

 

さっきのマッサージチェアもそう

人を気持ちよくしてあげたいって気持ちから始まって進化した

ダイナマイトもそう
トンネル事故が多くて いかに安全に楽にトンネルが掘れないかって
思いが発明の始まり

 

キュリー夫人で有名なレントゲンもそう

 

いいエゴとダメなエゴ

 

があるってこと

この間 ネットニュースのコラムを見て考えた

福知山の列車事故の被害者のお話でした

ほぼ全身麻痺に近い状態で意識が戻った時には
死んだほうがマシだと思ったそうです

 

でも、人生に目標を見つけた

それが生きる気力になった

これを見て考えたんですね

 

目標は「〇〇したい」「〇〇が欲しい」

つまりエゴですよね

 

でも、この人はこれがなければ生きることを拒否してしまっていた

 

 

ダイナマイトやレントゲンのように
誰かを助けたい

ってエゴから生まれた

単純に愛のベクトルだけでは判断が出来ないけど

許されるエゴと言うのもあるってこと

 

ただ、その先に行くか行かないか

その境界線をみんな越えてしまう

みんな簡単にゴブリンの声に耳を傾けてしまう

レントゲンもダイナマイトも
兵器という違う方向に使ったのは別の人なので
この二人には当てはまリませんけどね

 

ベクトルが自分の欲望を満たすためのエゴに変わってしまってることに
気づかず進んでしまう

 

もっと認められたい
もっとすごいって言われたい

この辺りはライトワーカーさんが陥りやすいエゴかな

こうなると残念ながら繋がっているのは低次の存在ってことになります

勿論 本人はそれに気づくことはないと思うけど
わかっててやっているのならもうライトワーカーではないですよね

 

 

さて、もってもいいエゴも
魂の出身によって若干使い方が変わってきます

 

これは去年の経験で学んだことなんですけど(^_^;)

 

例えば
わたしがマッサージチェアを手に入れるために
仕事を頑張るのか

誰かのために仕事を頑張って
そのおまけとしてマッサージチェアを手に入れるのか

どっち

ってことなんです

 

わたしは前者では全然ダメでした

 

おまけを意識せず
ただ誰かのために頑張るがわたしには一番なんだってこと(*˘︶˘*).。.:*♡

 

そこに戻したらとても気分がいい

らしく生きられているって感じる

 

そう

この自分らしく生きるってことが

自己愛なんです

自分らしく生きるということを最優先にすること

 

自分の欲望を最優先にするってこととは違いますからね

 

スピリチュアルに生きるって
ただ愛に置き換えてるふりして
自分は悪くないからなんて自分に向き合わない
楽をする生き方ではない

 

他者への愛とエゴに向き合う生き方こそが
スピリチュアルに生きるってこと

それを考えながら
自分らしくあるという生き方

なんて書くと難しく感じるけど

要するに 愛を基準に考えて行動すれば
自ずと上に書いてる全部が満たされるんです

 

そのうち

むしろ自分勝手に振る舞うほうが難しいって
思うようになると思います

 

 

コメント 感想など気軽に書いてね