本当の自分に戻るための ブレイクスルー講座

あなたへのメッセージ【身の丈を知ってコツコツと】

つい皆10月スケジュールはこちら

ゲリラ告知に便利な更新通知はこちらのボタンをクリックしてね

 

 

おはようございます

 

昨日記事を書き終えた後に
悲しいニュースをみました

志村けんさんが亡くなった

その後にチェーンメールが届いて
悲しみと怒りでぐちゃぐちゃな一日でした

 

この流れで人って「何なんでしょうね」と書き始めたら
朝から重く長くなってしまったので別の記事に書き上げたいと思います

先週の土曜日
大学合格やら誕生日やら合同お祝いパーティーで
久しぶりにみんなで集まってご飯食べて
子供の頃の写真を見ていたら
本当みんな大きくなったんだなって感動した

そして、自分がその分年をとったんだと悲しくなった(T_T)

大きくなったなぁ みんな
一人は180センチ到達~ (そっちの大きいかい!)

将来どんな風になるんだろう
今の所まぁまともに育っているかなって思います
性格の悪さは別として(笑)

昔からブログを読んでいる人はわかると思うけど
リトルブッダはやっぱり今もリトルブッダです(笑)

 

 

 

それでは今日のあなたへのメッセージは

   【練習、練習、練習】

1に練習2に練習3、4はなくても5に練習
上達するにはそれしかない

うまくなりたいなら練習するしかないんです

楽してドーピングみたいなことを期待していると
低次の存在が喜んで声かけに来ますよ(^_^;)

 

料理にしてもそう
毎日毎日作っているうちに「さじ加減」というものを覚えますよね

言葉では説明できない微妙な部分って伝えるには限度があるんです

つまり左脳で理解するってことはこの「さじ加減」は学べていないってことなんです

 

完璧にレシピを再現しても同じ味にならないのはそう言うこと

 

ぬか味噌も家で味が違うのは
その家に住む菌が違うから

見えるものだけに頼っていても
同じものは再現できないってこと

その見えない感覚を取得するためにも必要なのが

練習なんです

グラウディングも初めてはイメージすら出来ないから
言葉にして誘導しますが
感覚さえつかめれば瞬時で出来るようになる

 

職人さんが技は盗めというのも
口では教えられないものがあるからこその言葉なんですよね

第二関節にかんなのこの部分を当ててって言葉で説明しても
人それぞれ指の長さも違えば太さも違う

親方にとっては第2関節でも弟子にとっては第3関節がベストポジションかもしれないのに
第2関節でと伝えることによって、鉋削りが苦手になってしまうことだってある

でも、親方の手の形を盗んで見様見真似で練習していくうちに
自分のベストポジションを見つけることが出来るってこと

ここを見つけるのが練習の成果なんですよね

 

逆に言えば、この感覚と応用力があれば
飛び級だって可能だということ

天才と呼ばれる人たちはこれが出来る人なんだと思います
天才じゃないからわからないけど(笑)

 

あなたが本当に叶えたいって未来を持っているなら
練習だって苦にはならないはず

コツコツと今は頑張るしかない時だと理解して
半人前なのに大きな事をやろうと思わずに

身の程を知って行動してください

 

 

コメント 感想など気軽に書いてね

タイトルとURLをコピーしました